ご意見を送る

世大化成

世大化成について

世大化成について

40年で着実なペースで継続的に生産技術の向上と、研究革新に努めてきました。

scroll
ブランド理念と命名由来

ブランド理念と命名由来

睡眠の品質の良さは、現在の人に大きいな影響と重要性に対して、IMAGER-37からは良い睡眠を取れたら、自然に微笑みます!という理念で伝えたいと考えています。忠実に、IMAGER-37は健康睡眠を守る決心もこの理念で伝われます。
IMAGER-37ブランド命名の由来は、製品は温度センシング及び体のシェーピングの特性と機能性からです。温度センシング材質は、37℃の体温と環境温度の差を利用して、体の輪郭イメージ(Body Contour IMAGE)を造形することができます。人間の体温を接触する際に、材質の硬度は皮膚の表層筋肉の柔軟度に近付きます。故に、IMAGER-37と命名しました。中国語の商品名は、易眠床-37、易眠枕-37であり、IMAGERの発音及び37℃体温センシングの造形効果から命名しました。

ブランド理念と命名由来

初めての注文書

台湾プラスチックグループの元会長、王永慶さんは快眠枕を使用して、枕が頭部と首のサポートによる快適性と睡眠品質を向上したと深く感じたため、グループ病院の長庚病院の患者のために、枕を交換する際に、人間工学を基いた温度センシング、フィット性を持ち、シェーピングできる枕を採用すると指定したので、積極的に国内と海外で指定の枕を製造できるメーカーを探していました。台湾プラスチック南亜及び長庚医療チームによって長時間のテストと使用で、IMAGER-37快眠枕は、厳しい品質と機能性と安全規制の要求事項に適合したため、採用されました。1999年に、長庚病院から1万個の枕を受注しました。王元会長からも社員思いにより、さらに12万個の快眠枕を購入して頂き、台湾プラスチックグループの従業員の励ましに贈呈し、社員と社員の家族の睡眠品質と仕事効率の向上を図ります。そこで、IMAGER-37快眠枕・快眠ベッドのブランドのマイルストーンとなります。

ブランド理念と命名由来

アジア人の睡眠習慣を基いて開発した

輸入品は、現地の気候条件と人に沿った人間工学によって製品を設計されますが、IMAGER-37は、特別にアジアの気候条件とアジア人の人間工学と睡眠習慣を基いて相応しい製品を開発してきました。寝具産業を睡眠科学の領域に持ち込み、繊細な温度変化を利用して、材質の硬度が変わります。長年の研究、試験と修正を重ねて、IMAGER-37快眠ベッド・快眠枕シリーズを開発しました。快眠枕は、マンダリンオリエンタル台北を採用され、快眠ベッドもリージェントホテルズグループ(晶華、晶英、捷絲旅、晶泉丰旅)に全面的に採用されました。

ブランド運営と計画

快眠枕を創立してから20年目となり、台湾では、25個デパートアカウント及び1つ旗艦店が設立しました。人々に優れた品質と健康的なブランドイメージが深く根付いており、業界でも高い評価をいただいております。6回で台湾精品賞と5回でSNQバイオ医療シンボル賞を受賞した。快適な睡眠製品を提供するという信念を基いて、様々な高質製品の開発を取り組んでおります。
将来は、少子化と高齢化社会は全世界が臨む共通な問題となります。そこでIMAGER-37は積極的に長期介護、予防医療の市長を開拓し、元のブランド価値によって、IMAGER-37 Medical Series医療介護シリーズを開発し、業界、政府、学界、研究機構、医療機構と連携しながら、スマートマットレスなどの革新的な製品を開発しました。睡眠分析、褥瘡予防、転倒警告、認知症介護、環境制御などのアプリケーションが応用され、なお、インターネットとビックデータ解析を介して、消費者が高質な睡眠を体験する同時に、製品の秘密も理解できます。継続的な革新を通して、IMAGER-37は「スマート睡眠とテクノロジー介護」の代名詞になります!

20

快眠枕を創立してから20年目

25+1

台湾では、25個デパートアカウント及び1つ旗艦店が設立された。

6

6回で台湾精品賞を受賞した。

5

5回でSNQバイオ医療シンボル賞を受賞した

TOP