ご意見を送る

世大化成

世大化成について

世大化成について

40年で着実なペースで継続的に生産技術の向上と、研究革新に努めてきました。

scroll
創業の歴史

創業の歴史Establishment

世大化成(股)会社は1971年に創業した当時、PU発泡技術の工程はブロック状の物しか作られない時代であり、自動車、バイクや電車などに使用される3D人間工学的な形状を作るには、裁断、貼り付け、コーディング工程などの複雑な工程が必要となる一方、大量の廃棄物が発生し、様々の環境問題も起こす。
同時に、西ドイツは金型発泡技術の研究開発が成功し、日本INOAC株式会社より製造権を取得した。世大本社(世豊フォーム工場)は、日本で最大のPUを取り扱うグループのイノアック(INOAC)社と連携し、共同に世大化成(股)会社を成立し、廃棄物の少ない「3Dモールド発泡成形技術」を導入した。台湾の発泡成形工業の技術を向上させ、PU産業の成長を推進した。

革新的な開発・専門的な製造

革新的な開発・専門的な製造Innovation

40年にわたって、世大化成の足跡は、1970年代の自動車とバイク工業の合成フォーム、一体成形の車載用内装部品、冷凍設備の硬質フォーム、おもちゃ用塗装フォーム、1980年代の独自で開発した半硬質自家製革フォームのアームレストは、台湾OA家具の発展に貢献した。1990年代は、化粧品用のパフ、温感圧力解消の記憶材質で作られたマットレスと枕の開発に努め、2000年代で独自ブランドIMAGER-37の快眠ベッド・快眠枕を成立しました。2010年からは、材料技術を生理学的センシング技術と組み合わせて、IoTインターネットとビッグデータを運用し、介護用品とスマート医療の寝具シリーズ及び関連商品を開発しました。

持続可能な経営

持続可能な経営Sustainable Development

世大は、創業してから「信義誠実の原則と持続可能な経営」の基礎理念を基いて、顧客、社員、サプライヤーに誠実に対応し、会社全体の品質管理と品質保証は、ISO規制に従い、「品質第一・お客様第一」の品質政策において力を尽くしてきました。企業の評判は、長期経営において最も重要なポイントからです。
企業の成長を追求する一方、社員の生活の保障及び社員能力の向上に努めております。企業本来の社会的責任を果たし、長期的に福祉機構や施設に寄付し、社会へ貢献する理念を実現します。

未来を創るFuture Prospect

高齢化、少子化社会と伴って、介護におけるテクノロジーの活用及び予防医療の議題が重視されるようになっている中、世大は伝統フォーム産業からブランド寝具、バイオ医療とスマートライフ産業まで活躍し、商品範囲は快眠ストレス発散、褥瘡の予防、ベッドの転倒警報、遠隔ケア、家電制御などが含まれています。関連の国内・海外特許は50件ほど取得しています。国内及び海外の業界、政府、学校、研究機構、医療機構の技術とエネルギーを統合し、様々なサービスと産業を連携して、新たな睡眠健康とスマート介護などのソリューションを構築します。将来は、病院、介護機構、セキュリティー会社、スマート住宅、異業種交流の応用を推進します。台湾政府の長期介護製作に合わせて、より多くソリューションを提供し、高質な商品と差別化により、会社の競争力を向上させます。台湾で深く根ざし、世界へ発足し、業界のトップ企業へ進みます!

多角化經營 多角化經營 多角化經營
TOP